救急事故を未然に予防するために

更新日:2016年09月30日

予防救急とは?

予防救急とは、救急事故を未然に予防するために、事故の事例を分析し、予防するための方策を市民の皆様に広く普及啓発することです。

 誰もが事故や病気になるのを好んでいる人は一人もいないと思います。できることならば一生かかわりたくないもののひとつではないでしょうか。

 しかし、救急出動件数は毎年増加しており、不慮の事故や予防できた救急事案が発生しています。

 全国では、毎年約4万人の人が「不慮の事故」で亡くなっています。その中には、注意することにより防げる事故が多く含まれています。

 また、応急手当の新ガイドラインにおいても、「救命の輪」の最初に「予防」が入りました。

ガイドライン2010「救命の連鎖」

救命の連鎖

市民の皆様にまずは、私たちの日常生活の中に潜む危険を知っていただき救急事故を未然に防ぐとともに、「いざ」という時の応急処置について知って頂くページです。

以下よりダウンロードしてご覧ください。  

この記事に関するお問い合わせ先

湖南広域消防局 救命救急課
滋賀県栗東市小柿3-1-1
電話番号:077-552-9922
ファックス番号:077-552-0988
メールフォームでのお問い合わせ