天ぷら油火災の公開実験をしました!

更新日:2019年05月20日

 令和元年5月16日(木曜日)に湖南防火保安協会新入社員防火研修が開催され、天ぷら油火災の実験を見学していただきました。

 受講生には、加熱時間とともに発生する煙や発火温度を確認してもらい、誤って水をかけて消火をしてしまうとどうなるのか学んでいただきました。

 この研修により、火気管理の重要性と炎の危険性について理解を深めることができました。

131

約250度で白煙が発生

51

約370度で発火

1211

間違えて水をかけてしまうと・・・

1212

蓋をしても再燃の危険性がある

天ぷら鍋火災を防ぐポイント!

(1)調理中はコンロから離れない

(2)加熱防止装置付きのコンロを使用する

(3)コンロから離れるときは、コンロの火を確実に消す

この記事に関するお問い合わせ先

湖南広域消防局 消防救助課
滋賀県栗東市小柿3-1-1
電話番号:077-552-8825
ファックス番号:077-552-0988
メールフォームでのお問い合わせ