令和元年度救急総合シミュレーション訓練を実施しました。

更新日:2019年09月11日

助けたい“いのち”がそこにある!!

生命に直接影響する病態の把握、適切な処置に関して、瞬時に的確な活動の組立ての判断が行え、あらゆる現場に対応できる救急隊の育成を行うことを目的とした「救急総合シミュレーション訓練」を実施しました。

今年度は、大型モニター上に現場到着時の写真や資料を提示し、実現場をイメージしやすい環境を設定し、指導救命士が作成した想定票に基づき訓練の実技指導を実施しました。また、訓練風景についてもリアルタイムに大型モニター上に放映し、見学者が参観しやすい環境としました。

訓練検証は、救急活動の検証業務を依頼している済生会滋賀県病院・草津総合病院・滋賀県立総合病院・滋賀医科大学医学部附属病院の医師に助言、指導を受けました。

今後も訓練を通して医療機関との連携、指導救命士及び救急隊員の更なる資質向上を図り、市民の安心安全を守ります。

 

 日 時  令和元年8月27日、28日、29日の3日間

 場 所  北消防署(守山市)

 参加隊  8隊×3日間(総勢72名)

この記事に関するお問い合わせ先

湖南広域消防局 救命救急課
滋賀県栗東市小柿3-1-1
電話番号:077-552-9922
ファックス番号:077-552-0988
メールフォームでのお問い合わせ